フリーターからの転職を経験して思ったこと

私は現在飲食店に勤務する28歳の男です。
私の経歴を簡単に紹介させて頂きます。
高校卒業後に地元の旅館に就職しました。
しかし希望の職種に就けず半年ほどで会社を辞めました。

その後パチンコ店に勤務しそこでは5年ほど働きました。パチンコ店からの転職をしたあと営業系の仕事に就きましたが性に合わず短い期間で退職しました。

その後は工場でのアルバイトや日雇いをしてフリーターとして働いている日々が続きました。そんな私が現在の飲食店に就職し正社員として働こうと思ったキッカケは守るものができたからです。単純に言えば彼女が出来てようやく危機感を感じ真面目に就活したって感じです。

しかし転職活動も簡単には進みませんでした。
とにかく稼ぎたいと思っていましたが歩合給などの営業系の仕事は自分に合わないと分かっていましたし、特別な資格を持たない私にとっては専門的な職に就くことも難しい状況でした。
改めて「自分が何をしたいか」と考えて、正直に「人と関わる仕事がしたい」と思いました。

しかし1番初めに勤めた旅館で経験したように旅館やホテルは給料が低いイメージがあった為、再び働こうとは思いませんでした。そこで私の考えに上がってきたのが飲食関係の仕事でした。
居酒屋やレストランなど様々な企業の面接に行きました。
結果的に地元を中心に全国展開を始めている企業の就職が決まりました。

しかしやはり飲食業界も現状はとても厳しいです。低い給与水準、慢性的な人材不足など問題は山積みです。
転職活動中に自分が働く企業の情報を細かい所まで入手するのは不可能です。

しかし入社した後のギャップを無くすためには入社前の情報収集が肝心だと思いました。
今は転職サイトでも口コミが見れる時代ですから上手く活用すべきだと思います。

そ私は転職は30歳まで。という考えを持っていましたが、そこ頃とは時代が変わり今では40代や50代で転職する人が増えています。なので30歳や35歳をボーダーラインとしてしまって、なかなか動けない人も思い切って動いてみても良いと思います。

この先日本の経済を支えてきた団塊の世代が続々と退職していきます。世の中にたくさんのポストが新たに生まれるはずです。そこに向けて情報を集めたり資格を取得してみたり、企業人でもフリーターでもやれることはたくさんありますね。

その中でもおススメの転職活動として転職エージェントを使う方法があります。
40代フリーター向けのおススメ転職サイトで確認しましょう。

自動車製造業は転職の足掛かりに便利で貯金にも最適

様々な理由で転職したいと思っている方は沢山いらっしゃると思います。ですが、現在の金銭的な事情から踏み切れなかったり、現在勤務している会社を辞めたいと思っているけど次どんな仕事をしたいのか決まっていない場合や、独立したいけど資金が足りずに我慢して勤務している方などもいらっしゃると思います。

そんな時に便利なのが自動車製造業の期間従業員です。期間従業員とは会社と直接一定期間の雇用契約を結び、工場内での部品製造や加工、車両への部品組付けなどを行う仕事ですが、収入が高く、会社で最大限決められている雇用期間の中で都度契約更新をすることが可能なので自分の辞めたい時期に退職することができます。

つまり、独立したい方にとっては独立資金が溜まるまでと割り切って務めることが可能ですし、得られる給与の高さから短期間の貯金に非常に向いているので都合が良いです。また、転職したいと思っていても次どんな仕事をしようか迷っている人にとっても、貯金をしながら自動車製造業という一つの仕事を肌身に触れながら経験できるのでこちらもまた都合が良いです。貯金が無くて仕事探しをする期間を設けられず転職に踏み切れない方にとっても、期間従業員として自動車製造工場に勤務する場合、無料の単身寮があるメーカーもありますので、最低限一月分の固定出費や食費を支払えるお金さえ持っていれば翌月には十分な給与が得られて貯金も始められます。自動車製造業の場合県外から赴任する際には赴任旅費が勤務初日から十日以内に大体支払われますし、現在様々なメーカーで特典をつけて収入につなげてくれますのでやりたい仕事がすでにあるのであれば最低限の貯金が出来たらすぐ仕事探しに踏み切ることができます。

また、自動車製造業では正社員中途採用試験が年に一から二回ほど行われていますので、実際に勤務してみて仕事にやりがいを感じて職場の雰囲気も良く、この会社で働きたいと思えば正社員登用試験にチャレンジする事も可能です。メーカーにより様々で、主に二十代の若い方を採用する傾向が高くはありますが、中には四十代でも正社員登用の実績がある会社もあります。

この様に転職に関するお金の問題から実際にその会社への就職の可能性が持てる事や、製造業そのものを知ることができるので、自動車製造業は転職の足掛かりとしては非常に便利です。

フリーターから正社員を目指すのは厳しい面もある

フリーターから正社員を目指すのにはとても厳しいです。それは理由があります。年齢が若い方が一般的には何でも出来ると思う人も多いし、歳が上なほど、あまり働いてくれないのではないかと思う人もいます。だから年齢が高い人のフリーターから正社員の採用は厳しいと言われています。
だからといってこのままの収入の生活では厳しい人もいます。正社員を目指せば、交通費も出るし、福利がしっかりしてくれるといういい面もありますが、正社員の面接が難しいと何度も面接で落ちてしまうし、落ちてしまうと面接を受けることに嫌気がさしてしまいます。このままではいけないと思う人もいます。では何をしたらいいかというと、資格を取ることです。高い収入を目指して資格を取り、専門資格があることで面接も有利に行える立場にします。そうすると嫌な思いも不安もなくなります。
まず資格を取る前に、どこで仕事をするかよく考えます。自宅の周りか、自宅の周りに会社がなかったら引っ越すかよく考えます。もしアパートを借りたとしても、アパートの家賃と計算しながらやらないと損をしてしまいます。仕事の場所や今住んでいる地域事情のことを知らないと難しくなってきます。
また別の方法もあります。正社員にこだわらず、フリーターをかけもつことです。副業なら2つやってみたり、アルバイトから別のアルバイトを探したり、短期アルバイトだけやってみるという手段もあります。正社員ばかりがいい手段ではないからよく考えて行動するといいです。副業ならいつやることも出来るし、いつ辞めることも出来るものもあります。自分の出来ることを副業で探して、それから正社員になるという方法もあります。フリーターからのいきなり正社員は難しいですが、いろんな方法を考えながら正社員を目指すことは可能です。いきなり正社員を目指すのではなく、自分がしたい職業には何が必要がよく考えることも大事です。年齢が高いと難しいですが、人生の経験が豊富などのメリットもたくさんあります。

フリーターこそ個人の魅力のアピールが大事

現在フリーターの人も、昨今の雇用環境の改善から正社員への転職を考えている人も多いと思います。
しかし、フリーターという職歴で正社員に採用されるのだろうか?とお考えの方もいらっしゃるでしょう。
そこでここではフリーターの方が転職するにあたって、気を付けるべきことを以下の2つに絞ってお話したい。

①いかに他の候補者より、企業側の意識に残るか
②「その会社に入って活躍している姿が想像できる人」になれるかどうか

①いかに他の候補者より、企業側の意識に残るか
 新卒にせよ、転職にせよ、とにかく採用されるには相手の意識に残らなければなりません。
 面接した直後に忘れられるようではなかなか最終採用に至らないでしょう。
 では、意識に残るにはどうすればいいのか。
 結論から言えば、「より簡潔に、できれば他の人とは違うことをアピールする」ことだと思います。
 一般的に新卒にせよ転職にせよ、就職活動をする時、大半の人は自分が何をやってきたかを羅列的に伝えます。
 例えば、新卒の学生なら研究内容や課外活動での実績、転職者なら前職での取り組んだ仕事などです。
 こういった話を聞くと、フリーターの方は「特に定職にもついていなかったから言えることが無い」と思われるかもしれません。
 しかし、実際は何人もの候補者と会っている面接官にとって細かい個別のことなどはほとんど記憶に残らないと言っても過言ではありません。
 ならば、下手に多くの情報を伝えるよりも、自分が自信を持ってアピールできることを一つだけ、それもできれば少し珍しい能力や個性を伝えることができたら、
 それは要点を絞っているだけに相手の記憶に残るのです。
 まずはどのようにして意識に残るかを考えてみることです。

②「その会社に入って活躍している姿が想像できる人」になれるか
  まず最初に意識しておくべきことは、新卒にせよ転職にせよ、企業側が欲しいのは「その会社に入って活躍している姿が想像できる人」です。
  そしてフリーターの転職希望者の方にとって、このイメージを伝えられるかが最も重要だと言っても良いでしょう。
  というのは、新卒などは「教育した上で活躍しそうか素質を見る」のに対し、転職者、それも一定の年齢以上となると「会社に入ってきてある程度すぐに活躍できそうか」が問われるからです。
 まずそのことを認識した上で相手に自分のことをアピールする必要があります。
 しかし、そうなるとフリーターの方は、「バイトばっかりで特にスキルが無い」「職歴も一貫していないからアピールにならない」と尻込みされるかもしれません。
 ですが、よほど特殊な技術職などではない限り、企業側も「入って何の教育も必要ない人材」を求めているわけではないでしょう。
 むしろ、新卒ほど手は掛けられないにせよ、ある程度知識や経験を積ませれば、すぐに戦力化するかを見ているのです。
 ならば、アピールのしようはあるでしょう。例えば、営業の応募したなら「接客業をしていたので、顧客と話すことは得意だ」といったことや、事務なら「バイトとはいえ、長くやっていたので日誌などの管理もしていた」など関連した項目を積極的にアピールすればよいのです。
 とにかく、面接官があなたの話を聞いて、「この人はうちの会社に来て、こんな感じで仕事してくれそうだな」と想像できるようにアピールすれば良いのです。
 あなたがアルバイトなどで様々な経験をしてきていたのなら、きっといくつか話せることはあるはずです。
 そういった話を整理して伝えること、そして分からないことは入社してからでも勉強して身に着ける姿勢を示すことで、面接官にあなたが将来会社で活躍するイメージを与えられれば、採用の可能性はぐっと高まるはずです。

もちろん、受ける会社によってはこの2点の対策だけでは難しいケースもあると思うが、採用する側の人間にとってこの2点はおそらく普遍的な問題なので、十分に考え組み立てておくことは、就職活動を有利に進める上において、とても重要なはずです。

是非、頭において就職活動を頑張っていただきたい。

売り手市場の今がチャンス! フリーターから正社員に転職しよう!

近年は就職の売り手市場として盛んにPRされています。
新卒はもちろん、中途採用にも本腰を入れる企業が数多くあり、正社員へステップアップするにはまたとない好機です。

とはいっても、フリーターから正社員へステップアップするには、それなりのスキルが必要と思いませんか?
実は、未経験でもOK!という職種と企業が、続々と名乗りを上げています。
では、そんな職種が狙い目か、早速紹介していきます。

1・プログラマ、SE

プログラマとSEは万年人手不足がささやかれ、人材不足となっています。
いわゆるブラック企業の代名詞という噂もありますが、逆に言えばそれだけ仕事に没頭し、技術が磨ける職種です。
会社によっては個別ブースが用意されていたり、音楽やスマホをいじってもOKというところも多く、一人で仕事をしたい人にもうってつけ。
一旦スキルを身に着ければ在宅での仕事も可能ですので、技術だけしっかり身に着けようという気持ちで挑んでもOK。
日本のみならず、海外でも需要がある職種ですので、将来は海外転勤できるかも……!?

2・営業職

競争の激化に伴って、各社は営業職を多く採用したい模様。
営業は給料も高いので、入社してすぐお金を欲しい人にもうってつけの職種です。
また、営業職は若い新人よりもやや年配のほうが、顧客に安心感をもたらすと言われています。
自分にはキャリアがない……と落ち込む前に、営業の世界に飛び込んでみるのはいかがでしょう?

3・販売員

サービス業の販売員も、未経験でも研修をきっちりすればこなせるところが多いようです。
特に昨今は、外国人観光客が増える予想に伴い、特に外国語の出来る販売員の需要が見込まれています。
英語や中国語が出来るという人は、ぜひ販売員にチャレンジしてみてはいかがでしょう?

いかがでしたでしょうか。フリーターから未経験でも正社員になれる職種をピックアップしました。
就職氷河期に新卒だった氷河期世代の人にとって、正社員へなれる道は限られていました。
だからこそ、このチャンスを見逃さないようにしたいですね。